廃棄:ハードディスクのデータ復旧と故障

廃棄とデータ

ハードディスクの中には、いろいろな大切な情報が入っています。
ハードディスク内のデータを完全に抹消せずに廃棄したり、売却したりするのは非常に危険なことです。
他人に見られたくない情報や、会社で使用していたならば、他人知られると困る顧客情報などの個人データが入っている時もあります。

不要となったハードディスクは廃棄したり、中古として売却したりします。
このとき、トラブルを避けるためハードディスクの中のデータを完全に廃棄しておく必要があります。

ハードディスクをフォーマットしても、特殊なデータ回復ソフトウェアを利用すれば、これらのデータを復旧し、読みとることが可能になる場合があります。
悪意のある人により、ハードディスク内の重要なデータが読みとられ、予期しない用途に利用される恐れがあります。

ハードディスクを廃棄するときには、ハードディスクを分解して、ディスク自体をハンマーなどで叩き割ってしまうという方法も確実でいいかもしれません。
中古で売却したいときにはディスクを壊すわけにはいきません。
このような時には、市販のデータ削除ソフトを使用してハードディスク内のデータを完全に抹消する方法があります。
WindowsXPならば「cipher」コマンドを使ってデータを完全に削除してもいいでしょう。

パソコンを中古で売却するときもあります。もちろんWindowsをインストールした状態で売却することになります。
そんな時にも、ハードディスク内のすべてのデータを削除、フォーマットした後、再度Windowsをインストールしたほうがいいようです。
Windowsにも、パソコンを使っている時のさまざまな情報が残っているからです。
使用していたパソコンのハードディスクに本当に大切なデータが入っている場合は、ハードディスクを取り外して売らない方がいいのです。

2007年11月20日

カテゴリー:廃棄