仕様:ハードディスクのデータ復旧と故障

ハードディスクのフォーマット

ハードディスクをフォーマットする(した)などと聞いたことがありますか?。
先ず、ハードディスクにデータを記録するためには、どのような型式で記録するのか、といったルールを決めておく必要があります。

それはハードディッスクにファイルのサイズやファイル名の一覧などを記録しておく方法や場所を、あらかじめ決めておくのです。
データが記録されている場所を示す方法などがキチンと決められていないと、ディスクの中のどの場所でデータを読み書きしたらよいのか分からなくなるからです。

CDやDVDに関しては、読み書きに関する規格、つまりファイルシステムの規格が標準化されています。
例えばデータ用のCD-ROMなら「ISO9660」が基本となっています。
データ用のDVDの場合は、「UDF」という規格があります。
これらに対して、ハードディスクにおいては使用するOSによってファイルシステムの規格が全く異なって別物となっています。
同じWindowsでも、Windows98/MeとWindows2000/XPとでは異なります。

通常、ハードディスクは通常パソコン内に組み込まれています。そのハードディスクはパソコンにインストールされたOSの制御によって可動されるものです。
そのため、インストールされたOSが最も効率よく機能できるように、OSの仕様に合せたファイルシステムを組み込みます。

市販されているハードディスクは、WindowsでもMacでも問題なく利用できます。
というのも、まっさらな新品の状態のハードディスクに各OSがOS専用のファイルシステムを組み込むからです。

そのファイルシステムを組み込む作業を、ハードディスクをフォーマット(初期化)すると言います。

2007年12月03日

カテゴリー:仕様