ハードディスクのバックアップ:ハードディスクのデータ復旧と故障

ハードディスクのバックアップ

ハードディスクは現在でも消耗品とさえ言われています。
普通の使い方で使っていて5年程度で壊れてしまうハードディスクもありますし、早いものだと約1年で壊れてしまうことも珍しくはありません。
もしハードディスクが壊れてしまうと、ディスク内に記録されている大切なデータを復旧し取り出すことが難しくなります。
また、パソコンの誤操作で壊れることも、ウイルスに感染してデータが消えてしまう可能性もあります。

このように考えると、パソコンのハードディスクの中に大切なデータを置いておくのは非常に危険な状態であるといえます。
この危険な状態では、そのまま使い続けるには不安があり、やはりデータのバックアップを取らなくてはいけません。

同じハードディスク内の同じドライブの中にバックアップ用のフォルダを作り、そこにバックアップデータを保管する方法でもバックアップはできます。
また、同じハードディスク内でも分割した別のドライブをバックアップ用のドライブとして、そこにデータを保管する方法でバックアップできます。

ただ、これらの方法だとハードディスクその物にトラブルがあった場合、元になるデータとバックアップしたデータが同一のドライブにあるために同時に消えてしまう心配があります。

やはり、ハードディスクのバックアップは物理的に別のドライブ(場所)に記録させたほうがよさそうです。
それにはバックアップするデータをCDやDVDなどに記録する方法があります。
又、外付けのハードディスクを購入しバックアップ専用ドライブとして運用し、そこにバックアップデータを保存する方法もあります。この方法は早くて、接続も簡単なため分かり易いというメリットがあります。

これらの方法であれば、パソコンが壊れてもパソコン内のハードディスクが壊れたとしても、バックアップデータは影響を受けません。二つのドライブが同時に壊れることはあまり無いので、一応安心というわけです。