ハードディスクのデータ復旧費用:ハードディスクのデータ復旧と故障

ハードディスクのデータ復旧費用

ハードディスクの寿命はいつかは来ます。ハードディスクが故障する日は必ずあるということです。使い続けている、いないに拘わらずです。
ハードディスク故障のデータ障害には、論理障害と物理障害の2通りの種類があります。

論理障害とはハードディスク自体は物理的には故障していませんが、データを読み込むことができなくなる障害です。また、ハードディスクを認識しなくなる場合もあります。
具体的には、ファイルシステムの損傷や、OSの不具合、誤操作によるファイル削除などが該当します。
最悪の場合、データを失いますが、フォーマットすればハードディスクは使えることが多いです。

物理障害とは、ヘッドクラッシュやスピンドルモータの故障、電気系障害等などが挙げられます。
論理障害であれば、市販ソフトを利用することによって、データの復旧が可能となるケースもあります。
しかし、物理障害が発生したハードディスクの故障の場合は、設備機械の整っている専門のデータ復旧業者へ復旧を依頼する必要があります。

物理的に壊れたハードディスクの場合は、素人の手に負えるものではありません。
昔、スピンドルモーターが故障し時々回転するという苦い経験をしました。しかし、何度か起動を繰り返しているうちに起動しなくなりました。このような場合は自然に治る可能性は皆無と考えられます。
壊れる予兆が有ったら復旧修理に至る前に、早めにデータのバックアップを取ることをお進めします。


さて、これらのハードディスクのデータ復旧費用はどのくらいかかるのでしょうか。
軽度の論理障害であれば、30,000円前後でデータの復旧ができるようです。
重度の論理障害であっても50,000くらいで済むようです。
また、復旧作業に要する時間は、1日程度あればデータの復旧はできてしまいます。

しかし、データが物理障害であった場合にはデータの復旧修理費用がかさみます。
軽度の物理障害であっても100,000円前後はかかるようです。
重度の物理障害であれば400,000円を超えるようです。
データの復旧に専門の設備と機械が必要なためです。

ハードディスクのデータ復旧費用が400,000円を超えてしまうのであれば、新しいパソコンが買える金額です。
どうしても復旧しなければならないデータであるならば仕方ありませんが、バックアップを取っておくことで、そのデータの復旧に要する費用と時間に比べ、ハードディスクの交換とOSのインストール、そしてリストア(バックアップしたデータを戻す)との差はかなり違ってきます。

ハードディスクのデータ復旧と故障 ハードディスクの交換と追加