削除したデータが復活:ハードディスクのデータ復旧と故障

削除したデータが復活

ハードディスクのデータを削除して消したつもりでも、実際にはデータは完全に抹消されているわけではありません。
一般に、Windowsで削除したデータは先ずゴミ箱に入ります。
ゴミ箱に入っているだけであればゴミ箱の中か簡単に元の場所へそのデータを復元(復旧)することができます。
しかし、ハードディスク内にデータを残しておきたくないのであれば、ゴミ箱を開いて中のデータを削除すればゴミ箱からも消えて、普通はデータをハードディスクから復活できなくなります。

しかし、ゴミ箱から消して、ハードディスクから削除したファイルも、ファイル復活用ソフトを使用すると、ある程度はファイルを復元できるのです。
それでは、ハードディスクから完全に消したつもりでも、なぜハードディスクのデータが復活してしまうのでしょうか。

ファイルを削除してもデータが完全に消えていないのは、通常のデータ削除操作ではデータの管理情報に削除マークを付けているだけだからです。
つまり、データは見かけ上削除されているだけなので、データの記録がハードディスクから完全に削除(抹消)されているわけではありません。

新たにデータをハードディスクに書き込む際には、削除マークのついている領域を未使用領域と判断してデータを上書きして行きます。
従って、データを完全に削除したい場合、データを削除した後の未使用領域に何らかのデータで上書きする必要があります。

WindowsXPでは、データを完全に抹消できるコマンドが用意されています。「cipher」コマンドです。
このコマンドの動作は未使用領域にゼロを書き込み、その後未使用領域に255を書き込み、最後に乱数を書き込むというものです。
この方法を使うと元のデータは完全に削除(抹消)されます。しかしハードディスクに3回の上書きを行うため、コマンドの実行に時間が掛かるという難点があります。