ノートパソコンのハードディスクの容量を増やす:ハードディスクのデータ復旧と故障

ノートパソコンのハードディスクの容量を増やす

ノートパソコンにに内蔵されているハードディスクは、一般に2.5インチというタイプです。
ノートパソコンでは、内蔵のハードディスクを増やすことができません。
なぜなら、パソコン本体に2台目用の余分なスペースが無いからです。
では、ノートパソコンでハードディスクの容量を増やしたい時はどうしたらよいのでしょうか。

まず、内蔵されているハードディスク自体を、容量の大きいハードディスクに交換するという方法があります。
次に、外付け用のハードディスクを増設する、という方法もあります。
簡単な方法は、外付け用のハードディスクを買ってきて増設するのが便利だと思います。

しかし、古いパソコンでUSBを使って接続しようとする時は注意が必要です。
USB2.0で接続できれば問題ありませんが、USB1.0の場合は非常に遅いものとなります。これはパソコンの外部周辺機器を接続する場合に使用する規格ですが、パソコン側とハードディスク側がサポートしている必要があります。
そのほかの場合の接続では、IEEE1394のコネクタが備わっていれば、そちらの方式のハードディスクを増設したほうが良さそうです.

ノートパソコン内蔵用のハードディスクは、ノートパソコンで使用されることを想定してあり、振動対策や衝撃対策が施してあります。
また、同じ容量で比べるとデスクトップ用のハードディスクよりも割高なものとなっています。


内蔵ハードディスクの交換は簡単にはできません。
ノートパソコンを分解しないとハードディスクを取り出せないものも多いからです。
ある程度慣れた人であれば交換は可能のようですが、保証も効かなくなるのでやめたほうがいいかもしれません。
私も何度か交換していますが、神経を使います。失敗は許されないからです。また、起動ドライブにする必要がありますから、新しいハードディスクを元の環境にするためには大容量のデータのバックアップやコピーなどの操作が必要になります。
前もって準備をしておく必要があります。
慣れない人は、ノートパソコンなどで持ち出すことがあまりない場合は、外付けのハードディスクを増設したよいでしょう。