ハードディスクの故障の前兆とデータ復旧:ハードディスクのデータ復旧と故障

ハードディスクの故障の前兆とデータ復旧

パソコンを使っている時に、突然パソコンから「カリカリ」とか「キリキリ」といった音が聞こえてきtた時はかなり深刻です。ハードディスの故障が考えられますので早めの交換(対策)が必要です。データの復旧修理ということになる前にバックアップを取りましょう。
その後ハードディスクにアクセスできなくなったというケースが多く、ハードディスクの故障の前兆であると考えられます。

ハードディスクの中からそのような音がしている場合は、ディスクを読み取る針の部分がずれてしまい、ディスクに接触して音をだしている可能性があります。また、異音にはモーター、ベアリング(軸受け)などの故障も考えられます。いずれにしてもハードディスクが停止してしまう前に、又、被害が拡大する前に早めの修理が望まれます。


データを誤って消去してしまった場合などは、復旧ソフトなどを使用して、データの復旧を行うこともできます。
しかし、ハードディスク自体が故障したような場合は、専門業者に依頼してデータの復旧を行ってもらった方がいいようです。

ハードディスクからデータを復旧してくれる専門業者はたくさんあります。
専門業者の中にはクリーンルームを備えているところもあるようです。
クリーンルームが備えてあると、より安全で、クリーンな状態の中で、緻密なハードディスクの分解及び復旧作業を行えるようになります。実際のハードディスクの中の環境に近い状態を再現しているのですね。
従って、クリーンルールを持たない、普通の空間で作業をしている業者の場合より、より高い確率でデータを復旧出来るようです。
また、それなりの技術を持った優秀な技術者がいるのか、いないのかによってもデータ復元の結果が変わってくるといいます。

ですからハードディスクのデータ復旧の際は、どこの業者でも同じ、ということではないようです。
どうしても復旧しなければならないデータであればあるほど、専門業者のことを調べ、実績のあるハードディスクの専門業者に依頼すべきでしょう。