ハードディスクのクラッシュ:ハードディスクのデータ復旧と故障

ハードディスクのクラッシュ

ハードディスクの扱いには細心の注意が必要です。以前よりクラッシュなどのトラブルには強くなっていますが、やはりハードディスクの取扱いには注意を要します。
ハードディスクの中身を見てみると、回転する記録用の磁気円盤、振り子のように高速で左右に移動(首振り)できる読み書きヘッド、それらを動かすモーターと制御基盤から成り立っています。
通常は「データを記録する磁気円盤」から「データを読み書きする役目を持つヘッド」が、接触すれすれの所で浮いた状態でデータの読み書きを行います。
しかし、何らかの原因で磁気円盤とヘッドが接触すると、磁気円盤に塗ってある磁性体を削り飛ばしてしまいます。
そうなると修復不能な故障となってしまいます。
この故障をハードディスクのクラッシュといい、ハードディスクにおける最大のトラブルといえます。

ハードディスクのクラッシュは強い衝撃やほこりなど、湿度の異常な状況下などが原因として考えられます。
特に作動中のハードディスクにショックを与えるとクラッシュが起こり易いようです。過去に何度も経験しました。また、ノートパソコンなどの場合、持ち運びできて便利ですが、衝撃には注意が必要です。
そのほか、長い間電源を入れていない古いハードディスクでも発生(固着)するといわれています。

ヘッドと磁気円盤の隙間はタバコの煙の粒子ほどとも言われるほど、ごくわずかなものです。
目に見えないほどのほこりでも間に詰まってしまうとクラッシュにつながってしまいます。
そのため、ハードディスクは全体を金属製のケースの中に密封されています。
工具さえあれば、簡単に金属製のケースを開けることができ、分解することもできます。
でも、一度分解してしまうと、ほこりなどが付着してしまい、組み立てたとしも正常に使用することができなくなってしまいます。

ハードディスクから「カタカタ」と異音が聞こえた時は、ハードディスクのクラッシュも疑われます。
その時は、決して分解などせずに専門の業者に見てもらったほうが良いでしょう。
いつもより、音が大きくなったなど気づいたらハードディスクの寿命も疑ってみましょう。