ハードディスクの寿命は何年?:ハードディスクのデータ復旧と故障

ハードディスクの寿命は何年?

ハードディスクも機械であるため寿命があり何れは故障します。
ハードディスクに寿命が来ると、ファイルの読み取りエラーを頻繁に起こすようになり、やがてファイルを読むことができなくなってしまいます。また、いきなりハードディスクが停止してしまうなど、全く使えなくなることもあります。
起動用のハードディスクでこういった現象が発生すると、最終的にはOSが起動できなくなる可能性があります。
そのため、ファイルの読み取りエラーを起こし始めたハードディスクは寿命と考えて、早めに新しいものに交換したほうが良いようです。

早めに交換することによって、ハードディスク内のデータもきちんとコピーしてバックアップをとることができます。
そのまま使用し続けていると本格的にエラーが起きるようになり、必要なデータの読み書きだけでなく、コピーもできなくなってしまう危険性があります。

では、どの程度の期間でハードディスクの寿命がくるのでしょうか。
寿命は一概には言えないようです。
個々のハードディスクの使用頻度や使用環境、使用状況などによって大きく左右されるからです。
一般的に、家庭などにおいて使用される場合などでのハードディスクの寿命は、5年くらいは使えると言われています。
しかし、使い方によっては、1年くらいで寿命がくることも珍しくはないようです。

さてこの大容量の記憶媒体ですが、ハードディスクの寿命の前兆はあるのでしょうか。
ファイルの読み取りエラーだけでなく、不自然な音(異音)がする、時々異常なほど高温になる、動作音が大きくなる、といった寿命の前兆があるようです。
大容量で便利なハードディスクも故障すれば厄介ですが、故障の前兆に気がつけば、まだ良いほうです。
何の前兆もなくある日突然ハードディスクが動かなくなる、というトラブルもあります。
重要なデータを扱っているような場合、寿命を待たず3年程度を目安にして定期的にハードディスクを交換したほうが良いようです。