ハードディスクのデータ復旧と故障

最新情報

ハードディスクのバックアップ

ハードディスクは現在でも消耗品とさえ言われています。
普通の使い方で使っていて5年程度で壊れてしまうハードディスクもありますし、早いものだと約1年で壊れてしまうことも珍しくはありません。
もしハードディスクが壊れてしまうと、ディスク内に記録されている大切なデータを復旧し取り出すことが難しくなります。
また、パソコンの誤操作で壊れることも、ウイルスに感染してデータが消えてしまう可能性もあります。

このように考えると、パソコンのハードディスクの中に大切なデータを置いておくのは非常に危険な状態であるといえます。
この危険な状態では、そのまま使い続けるには不安があり、やはりデータのバックアップを取らなくてはいけません。

同じハードディスク内の同じドライブの中にバックアップ用のフォルダを作り、そこにバックアップデータを保管する方法でもバックアップはできます。
また、同じハードディスク内でも分割した別のドライブをバックアップ用のドライブとして、そこにデータを保管する方法でバックアップできます。

ただ、これらの方法だとハードディスクその物にトラブルがあった場合、元になるデータとバックアップしたデータが同一のドライブにあるために同時に消えてしまう心配があります。

やはり、ハードディスクのバックアップは物理的に別のドライブ(場所)に記録させたほうがよさそうです。
それにはバックアップするデータをCDやDVDなどに記録する方法があります。
又、外付けのハードディスクを購入しバックアップ専用ドライブとして運用し、そこにバックアップデータを保存する方法もあります。この方法は早くて、接続も簡単なため分かり易いというメリットがあります。

これらの方法であれば、パソコンが壊れてもパソコン内のハードディスクが壊れたとしても、バックアップデータは影響を受けません。二つのドライブが同時に壊れることはあまり無いので、一応安心というわけです。

ハードディスクのフォーマット

ハードディスクをフォーマットする(した)などと聞いたことがありますか?。
先ず、ハードディスクにデータを記録するためには、どのような型式で記録するのか、といったルールを決めておく必要があります。

それはハードディッスクにファイルのサイズやファイル名の一覧などを記録しておく方法や場所を、あらかじめ決めておくのです。
データが記録されている場所を示す方法などがキチンと決められていないと、ディスクの中のどの場所でデータを読み書きしたらよいのか分からなくなるからです。

CDやDVDに関しては、読み書きに関する規格、つまりファイルシステムの規格が標準化されています。
例えばデータ用のCD-ROMなら「ISO9660」が基本となっています。
データ用のDVDの場合は、「UDF」という規格があります。
これらに対して、ハードディスクにおいては使用するOSによってファイルシステムの規格が全く異なって別物となっています。
同じWindowsでも、Windows98/MeとWindows2000/XPとでは異なります。

通常、ハードディスクは通常パソコン内に組み込まれています。そのハードディスクはパソコンにインストールされたOSの制御によって可動されるものです。
そのため、インストールされたOSが最も効率よく機能できるように、OSの仕様に合せたファイルシステムを組み込みます。

市販されているハードディスクは、WindowsでもMacでも問題なく利用できます。
というのも、まっさらな新品の状態のハードディスクに各OSがOS専用のファイルシステムを組み込むからです。

そのファイルシステムを組み込む作業を、ハードディスクをフォーマット(初期化)すると言います。

価格と選び方

ハードディスクを選ぶ時というのは、どのような時でしょう。
ハードディスクを選ぶ条件としては、パソコン購入時、ハードディスクの残りの空き容量が少なくなったとき、ハードディスクが壊れた時、使用しているハードディスクの速度(早さ)に不満が出てきた時
などにハードディスクの交換、増設(追加)を考える、というのが一般的でしょうか。

ハードディスクの選び方で難しいのは、ハードディスクの容量と価格とのバランスをどのように考えるか、ということだと思います。同じ価格であれば、又、使用するOSがサポートしていれば、もちろん容量が大きいハードディスクに越したことはありません。

しかし、一般的には大容量のハードディスクほど値段が高くなってしまう傾向があります。
従って値段と容量との兼合いをどこで妥協すればよいのか、ということであれこれと悩んでしまうのです。

そこで、ハードディスクを購入する時は、あらかじめ値段を決めておくとハードディスク選びに困らなくてもよい方法かもしれません。


価格は常に変動していますが、最近では1万円台のハードディスクが最もお買い得かもしれません。
それ以下の値段ではハードディスクの容量が少なくなってしまいますので、費用対効果の点で不利になるでしょう。

わずか数千円の違いで容量が半分近くになってしまうこともあります。
最新の大容量ハードディスクは値段が急に高くなりますが、性能は向上しているものがほとんどです。


大容量化が急速に進み、3年程度で容量は倍近くになっています。
同じ金額を出すのであれば、後になればなるほど容量の大きなハードディスクが手に入るわけです。
それを考えると、どのような用途に使用するかにもよりますが、無理をして高い大容量のハードディスクを買うよりも、手ごろな値段のハードディスクを選んでおくのが賢い方法です。

近い将来、ハードディスクの容量が不足してきたら、その時点で最もお買い得なハードディスクに交換すればよいのです。そのころには、今より安価に大容量で高機能のハードディスクを選ぶことができるでしょう。

また、一般的にハードディスクは容量が大きくなるほど、回転数が大きいほど読み書きが高速になるため、スピードアップの効果も得られて快適に使用できると言えます。

ハードディスクのデータ復旧費用

ハードディスクの寿命はいつかは来ます。ハードディスクが故障する日は必ずあるということです。使い続けている、いないに拘わらずです。
ハードディスク故障のデータ障害には、論理障害と物理障害の2通りの種類があります。

論理障害とはハードディスク自体は物理的には故障していませんが、データを読み込むことができなくなる障害です。また、ハードディスクを認識しなくなる場合もあります。
具体的には、ファイルシステムの損傷や、OSの不具合、誤操作によるファイル削除などが該当します。
最悪の場合、データを失いますが、フォーマットすればハードディスクは使えることが多いです。

物理障害とは、ヘッドクラッシュやスピンドルモータの故障、電気系障害等などが挙げられます。
論理障害であれば、市販ソフトを利用することによって、データの復旧が可能となるケースもあります。
しかし、物理障害が発生したハードディスクの故障の場合は、設備機械の整っている専門のデータ復旧業者へ復旧を依頼する必要があります。

物理的に壊れたハードディスクの場合は、素人の手に負えるものではありません。
昔、スピンドルモーターが故障し時々回転するという苦い経験をしました。しかし、何度か起動を繰り返しているうちに起動しなくなりました。このような場合は自然に治る可能性は皆無と考えられます。
壊れる予兆が有ったら復旧修理に至る前に、早めにデータのバックアップを取ることをお進めします。


さて、これらのハードディスクのデータ復旧費用はどのくらいかかるのでしょうか。
軽度の論理障害であれば、30,000円前後でデータの復旧ができるようです。
重度の論理障害であっても50,000くらいで済むようです。
また、復旧作業に要する時間は、1日程度あればデータの復旧はできてしまいます。

しかし、データが物理障害であった場合にはデータの復旧修理費用がかさみます。
軽度の物理障害であっても100,000円前後はかかるようです。
重度の物理障害であれば400,000円を超えるようです。
データの復旧に専門の設備と機械が必要なためです。

ハードディスクのデータ復旧費用が400,000円を超えてしまうのであれば、新しいパソコンが買える金額です。
どうしても復旧しなければならないデータであるならば仕方ありませんが、バックアップを取っておくことで、そのデータの復旧に要する費用と時間に比べ、ハードディスクの交換とOSのインストール、そしてリストア(バックアップしたデータを戻す)との差はかなり違ってきます。

ハードディスクのデータ復旧と故障 ハードディスクの交換と追加

削除したデータが復活

ハードディスクのデータを削除して消したつもりでも、実際にはデータは完全に抹消されているわけではありません。
一般に、Windowsで削除したデータは先ずゴミ箱に入ります。
ゴミ箱に入っているだけであればゴミ箱の中か簡単に元の場所へそのデータを復元(復旧)することができます。
しかし、ハードディスク内にデータを残しておきたくないのであれば、ゴミ箱を開いて中のデータを削除すればゴミ箱からも消えて、普通はデータをハードディスクから復活できなくなります。

しかし、ゴミ箱から消して、ハードディスクから削除したファイルも、ファイル復活用ソフトを使用すると、ある程度はファイルを復元できるのです。
それでは、ハードディスクから完全に消したつもりでも、なぜハードディスクのデータが復活してしまうのでしょうか。

ファイルを削除してもデータが完全に消えていないのは、通常のデータ削除操作ではデータの管理情報に削除マークを付けているだけだからです。
つまり、データは見かけ上削除されているだけなので、データの記録がハードディスクから完全に削除(抹消)されているわけではありません。

新たにデータをハードディスクに書き込む際には、削除マークのついている領域を未使用領域と判断してデータを上書きして行きます。
従って、データを完全に削除したい場合、データを削除した後の未使用領域に何らかのデータで上書きする必要があります。

WindowsXPでは、データを完全に抹消できるコマンドが用意されています。「cipher」コマンドです。
このコマンドの動作は未使用領域にゼロを書き込み、その後未使用領域に255を書き込み、最後に乱数を書き込むというものです。
この方法を使うと元のデータは完全に削除(抹消)されます。しかしハードディスクに3回の上書きを行うため、コマンドの実行に時間が掛かるという難点があります。